キャッシング ブラックリストの正体とは

キャッシングの関連用語として、「ブラックリスト」というものがあります。 ブラックリストというと、なにかのリストがあるのかと勘違いしてしまいがちですが、これは違います。

簡単に説明をすると、顧客情報が登録されている信用情報機関に事故情報が掲載されてしまうことをブラックリストに載ったというのです。

信用情報機関とは、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだ際に契約の内容や申し込みの内容が登録される機関のことをいいます。

日本では、銀行系の信用情報機関である全国銀行個人信用情報センター、信販会社の信用機関である株式会社シー・アイ・シー、銀行・消費者金融系・信販会社系の信用情報機関である株式会社日本信用情報機構という3つの機関があり、それぞれ情報を管理する形になっているのです。

事故情報というのは、異動情報や延滞情報のことで、具体的にどういった事故を起こしてしまったのかによって、信用情報機関に情報が掲載される機関が違います。

例えば、支払い予定日より3ヶ月間支払いが遅れてしまった場合、5年間その情報が掲載される形となるため、注意しなければなりません。 他にも、自己破産をした場合には7年から10年間、任意整理・特定調停・過払金請求・個人再生を選択した場合には5年間事故情報が登録されます。

消費者金融などのキャッシング業者は審査をする際にその人に自己情報がないか信用情報機関の情報をチェックするため、事故情報が登録されていると融資が受けられないという形になってしまうわけです。

まれに「ブラックリストになってしまった方でも融資できます」といった業者もありますが、こういった業者はヤミ金であるため、手を出してはいけません。

信用情報機関に登録された事故情報は、期間が終わるまでどうやっても消すことができなブラックリストに載らないためには契約時の取り決めを守り、遅れずに返済をしていくことがなによりも大切なので、しっかりとした返済計画を立てていきましょう。

このページの先頭へ