総量規制について知ろう

総量規制というものについて聞いたことがあるでしょうか。これは2010年に改正貸金業法によって定められた法律です。

収入に見合った借り入れをするための規制なのですが、これにより苦しい思いをしている方が多いというのも事実です。総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れができないと定められた規制のこと。

つまり、年収が150万円の人の場合、50万円を超える借り入れができないという法律です。それから、50万円以上新規で借り入れの申し込みを希望する場合には所得証明書の提出が義務づけられました。

ただ、この総量規制はすべての借り入れが対象となるわけではありません。対象となるのは消費者金融・信販業者・クレジット業者です。

逆に対象とならない借り入れにはどういったものがあるのかというと、住宅ローンや自動車ローン、高額療養費の貸し付け、有価証券担保の借り入れ、手形割引などが挙げられます。

また、クレジットカードにショッピング枠とキャッシング枠がついている場合、ショッピング枠で買い物した金額というのは総量規制の対象に含まれません。キャッシング枠の利用は対象となるので注意しましょう。

この法律により、現在すでに消費者金融から年収の3分の1に近い額の借り入れをしている場合、それ以上の借り入れはできないということになります。ですがこの場合でも銀行のカードは利用が可能です。

銀行のカードローンは総量規制の対象外となるため、消費者金融で限度額まで借りているという方でも新たな借り入れができるのです。

総量規制の影響により消費者金融からはもう借りられない、けれど銀行のローン審査にも通らなかった。 こういった状況ではどうしようもありませんが、ここでヤミ金に手を出してしまう人もいるようです。

確かにヤミ金は総量規制の対象にはならないものの、悪質な方法で取り立て行うこともあるため、絶対に利用しない方がいいでしょう。

こういった場合はおまとめローン利用して借り入れを一本化するなどの対策をとり、債務を減らしていかなければなりません。

このページの先頭へ